自己破産をして後悔しないということは無いはずです。確かに借金は免責になりますが、その借金は誰かが支払うわけです。その誰かとは自己破産した人間を信用して保証人になって人ということになります。自己破産をして一番後悔をする部分、自分を責めがちになる部分はここではないかと思います。自分の自己破産が他人に迷惑をかけるわけですから、後悔しない人間の方が少数派でしょう。こういった公開をせず借金問題を解決する方法はないでしょうか。

まず、自己破産で後悔をする前に考えなければいけないのは、本当に自己破産でなければ借金問題を解決できないのかということです。借金問題の解決方法には、色々な方法があるのです。民事再生や調停という方法もあります。そのような色々な方法をまずは検討してみることが、後悔しない借金問題の解決方法ではないでしょうか。

なんでもかんでも、自己破産すれば免責されて借金は帳消しという風潮や、情報が結構飛び交っています。電車の中の広告などにも、自己破産手続きを推奨するような債務問題を専門にしている弁護士事務所などをよく見かけますね。そもそも借りた金は返すのが常識であって、利子にしても、法律で定められた範囲内のものであれば、貸す方にだって落ち度はないのです。まあ、自己破産してしまう人に貸してしまったことを後悔するかもしれませんが。

とにかく、自己破産は債務の免責というメリットもありますが、大きな社会的なデメリットを背負い込む方法です。安易に自己破産を選ぶことなく、何かほかの方法がないかどうかよく検討してみましょう。その方が後悔をしなくて済みそうです。


カテゴリー

借金問題
借金も住宅ローンもあれば消費者金融での借金もあります。なかにはソフトヤミ金という恐ろしい借金もあります。取立てが厳しい場合は、多重借り入れをしていませんか?
借金解決
借金を返済して解決すれば、皆が喜ぶことです。それには返済計画書を作り、借金完済の方法を理解してがんばらなければなりません。
自己破産
借金を取り消しできる自己破産ですが、当然多くの財産は失います。しかし自己破産が必ず使えるわけではありませんし、自己破産をしても借金が残る場合もあります。
準自己破産
準自己破産とは法人、会社などに適用される制度です。会社などで自己破産をする場合には、準自己破産とは役員の1人でも申し立てが可能なため、非常に厄介な問題を起こします。